いぬ親様・ねこ親様の皆様へ

フラーダ、ルーガに続き、卒業犬『ピノ』が迷子になってしまいました。

皆様にはご心配ばかりおかけして申し訳ありません。

残念ながら今回もちょっと注意をしていれば防げた迷子でした。

私自身、可愛い我が仔を迷子にさせた経験者です。
50日間の放浪の末、自宅から遠く離れた品川で保護されました。
怪我もなく、またこの手に我が仔が戻ってきてくれたことは本当に奇跡です。
この50日間、心配で心配で、食事も睡眠も入浴もすべてに罪悪感を感じてました。
我が仔が危険な目に遭っているかもしれないのに、自分は何やってるんだろう…って。


ルーガの預かりさんである小粒ままさんのブログを紹介します。

チャチャままさんがご自身のブログで
『迷子捜索の大変さを思ったら、迷子にしない対策の方がどれほど簡単なことか』
と、おっしゃってます。

まさしくこの通りで、ちょっと気を付けるだけで十分迷子は防げます。

首輪・ハーネスは緩んでいませんか?
ちゃんとダブルリードにしていますか?
リードはその手にしっかりと握られていますか?
迷子札、連絡先は読めますか?

他人事だとは思わずに、どうか今一度気持ちを引き締めてください。

可愛い我が仔を守れるのは家族だけなんですから!

スポンサーサイト

2014/11/19 01:07 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |