センター②


川崎市の愛護センターのホームページにアクセスしてみました。

譲渡できる動物は猫が3匹、どうしても飼えなくなり新しい飼い主さんを探している猫が2匹と

ハムスターが3匹だけでした。

犬は1匹もいませんでした。

行政や環境だけでこんなにも違うんですね。

お住まいの市や県の愛護センターのホームページをご覧になってみてはどうですか?

場所によっては川崎のように犬猫以外の動物を収容しているところもあると思います。


収容されている子全員を助けることはできません。

センター訪問したときに最終部屋にいた子たちで、

あれから検疫にかけられなかった子はもういません。

今日の朝がリミットだそうです。

天国で幸せになりますように。


今、できるのは、我が家の蓮と華をさいごまで大切にすることと、

葵と梓が幸せに暮らせる家族を見つけてあげることだと思います。


蓮と華

我が家にきたばかりの華とお兄ちゃんになった蓮


葵

お外が大好きな葵


梓

ビビりだけどほんとは甘えん坊な梓

スポンサーサイト

2010/08/13 11:37 | 未分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

No title

こんばんは。はじめまして!おかんさんのブログから来ました。家にも保護犬が2頭います。いずれも千葉県動物愛護センターに居た子達でちばわんの保護犬と個人的に手を挙げてちばわんさんに引き出して貰った子です。センターの子達のことが毎日気になり収容情報やレポートをチェックする事が日課になってます。家は横須賀市なので横須賀市動物愛護センターへ見学に行った事があります。川崎市も横須賀市も全国で上位に入るレベルの収容状況だそうです。殆んど処分される子達は居ずに済んでいると説明を受けました。地域によってこんなにも差があるのは何故なのか不思議でたまりません。千葉県のセンターにはまだ行った事がないのですが。近いうちにお掃除ボラで行ってみようかと考えています。いずれにしても辛い場所なので気持ちがもつか心配ですが。

No:33 2010/08/14 21:07 | りりまむ #-URL[ 編集 ]

No title

りりまむ様
コメントありがとうございます。
先日、初めてセンターを訪れた際、ここに葵、梓がいたと思うと胸が押し潰されそうでした。
私も犬を飼いたくて川崎市動物愛護センターを訪れたことがあります。同じように殺処分は殆どないとの説明でした。
子犬を希望していたのですが、いつ譲渡できるかわからないとのことでした。それだけ去勢、不妊手術が当たり前になっているってことですよね。

実はこの預かりブログは高2の娘が作成しています。
先日のセンター訪問も娘が同行してくれました。
娘が感じたことを娘の言葉で綴ってくれています。
娘が私の年齢になるころには『殺処分』という言葉がなくなることを願ってます。

No:34 2010/08/14 23:15 | 蓮華ママ #.aOkqVfAURL[ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |