迷子

篠崎いぬ親会参加のお話の前に…



先週、我が家からの卒業猫が迷子になりました。
幸いなことに、夜いなくなって、次の日の昼過ぎには無事保護できました。


いつも通り朝散歩から帰ると、卒業猫が迷子になったとの連絡があったと
主人から聞きました。
頭の中が真っ白になると同時に「どうか無事でいて!」と願いました。
電話口の涙声のねこ親さんと自分に「必ず見つかるから」と言い聞かせました。
先輩の預かりボラさんに指示を仰ぎ、テスト休みの娘たちに手伝ってもらい、
迷子ポスター、チラシの印刷、準備…
気持ちばかりが焦ってしまい、思うように体が動きませんでした。
支度を整え、ねこ親さん宅に向かう運転中も自分に「落ち着いて」と言い聞かせて…
途中、ねこ親さんからの「見つかりました」の一報に体の力が抜けていくようでした。


ねこ親さんはとても反省しており、もう二度と迷子にさせないとの
お約束で、連れて帰らずに、そのまま置いてきました。

今回、早期に見つかったのは本当に奇跡。

この出来事をブログの記事にすることは迷いましたが、
大切な家族がいなくなった時のあの気持ちを忘れずにいてほしい
そう思い記事にしました。


先日の篠崎いぬ親会でたくさんの方に
「早く見つかってよかったね」と声をかけていただきました。

改めまして、関係者の皆様に多大なるご心配をおかけいたしましたことを
お詫び申し上げ、
迷子ポスター制作や捜索のご協力などをお申し出いただいたことに
感謝申し上げます。

ありがとうございました。


スポンサーサイト

2011/12/20 01:12 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |